俺的健康のすヽめ 良薬口にめっちゃ苦し

こんにちは。HOLO BELL松原です。

皆さま、お肌の調子はいかがですか?僕は

バッチリです!

 

以前のブログで触れましたが、HOLO BELLの若き志士たちは現在、健康をとても意識しています。

さて、今回は私たちの健康ルーティーンである青汁についてです。

今まで何の疑問も持たずに、漠然と健康にいいから・・・ということで、事務所に常備されている青汁を飲んでいましたが、いい機会なので調べてみました。

※あくまで松原調べです。なお、我々は特別な訓練を受けております。一般の方は絶対に真似をしないでください。

俺的健康のすヽめ 青汁!

青汁に関しては様々な情報があります。効果があるだのないだの・・・。
青汁を飲めば、普段の食事で野菜を一切摂取しなくても大丈夫!ということはないでしょうが、少なくとも健康に悪いものではないと思います。まぁ青汁に過度な期待はせず、あくまで栄養の補助とお考えください。なお、僕の場合はプラシーボ効果もあると考えています!

さて、今回、HOLO BELLに常備している青汁の栄養素を確認しましたところ、2袋(8g)当たり中6gが炭水化物でした。75%が炭水化物です!!!!炭水化物6gうち糖質が3.3g、食物繊維が2.7gでした。この記事を書きながらはじめて確認しましたが、びっくりでした。意識が朦朧としております。

なんでこんなに苦い(マズい)のに角砂糖約1個分の糖質が入っているんだよ!!!!!1ミリも甘くないよ!

※角砂糖1個は3〜4gです。

さらにみていくと、それ以外の主な栄養素はβカロテンビタミンkです。

成人のビタミンK目安量は150μgですが、この青汁は2袋当たり91μgのビタミンKが含まれています。納豆でみると、100g当たりビタミンKが600μg含まれています。

そして、βカロテンですが、皆様はβカロテンが何者かご存知ですか?βカロテンさんの主なスタンスはビタミンAに変換される栄養素であるということです。(松原調べ)
この青汁でみると2袋当たり800μgのβカロテンが含まれていました。にんじんでみると100g当たりβカロテンが8600μg含まれています。

さて、βカロテンから変換されるビタミンAですが、ビタミンAは不足はもちろん、過剰摂取でも健康障害が確認されている栄養素だそうです。通常の食事でビタミンAの過剰摂取はほとんど起こりませんが、サプリメント(青汁)を利用したり、ビタミンAを特に多く含むレバーの食べ過ぎは注意しましょう。(ビタミンAの推奨量は700〜800μg)
ビタミンAの過剰摂取で、口唇炎、脱毛症、食欲不振、筋肉痛などの症状があると知られています。怖いですね。
ちなみにβカロテンからビタミンAへの変換は体内で調節されているため、β-カロテンによるビタミンAの過剰摂取は起こらないとされています。

さらに余談としては、βカロテンは喫煙者において肺がんのリスクが高まると報告されているそうです。タバコを吸わない方に関しては、発がん性が高まると示されたわけではないそうですので、喫煙者の方はご注意を!

ということで、青汁の主な栄養素を調べてみました。
個人的にイメージ(期待)していた栄養素と違うものが含まれていました。

教訓としては、サプリメントや青汁などの栄養補助食品はイメージで買うな!ということです。

HOLO BELLではメンバーが思い思いに青汁を飲んでいますが、どういう栄養素を摂取しているかを理解するととってもいいことですね。

次回
「俺的健康のすヽめ 良薬口にめっちゃ酸っぱし」
へ続く

About 松原

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2017 HOLO BELL Inc.